6.ワンオフパーツを作ろう!!特集

SRワンオフ ナロータンク 後編

SRワンオフ ナロータンク 後編 SRワンオフ ナロータンク後編です。今回はタンクキャップの金口の取り付け、トンネル部分の加工を行いました。

タンクキャップはタンク本体に埋め込みタイプのポップアップタイプを使用します。

もちろん取付には溶接が必要な作業になります。

タンクのトンネルは少しだけフレームに重なるようにロートンネルにします。

今回もカットと溶接の繰り返しです。フレームやステーなどの溶接とは違い、綺麗に溶接する必要があります。巣穴からガソリンが漏れてしまうからです。

キャップ金口

今回使用するのはこのタイプの金口を使います素材はステンレス製です。


マーキング

ガソリンタンクのキャップを付けたい位置にマーキングをします。


キャップ金口

先程マーキングした位置にタンクキャップの金口を埋め込む為の穴を開ける為にホールソーで穴開けをします。


キャップ金口仮付け

金口を開口部に落とし込み溶接で仮付けをします。


金口を溶接

仮付けした金口を溶接で本付けして行きます。この時後でガソリンが漏れないように綺麗に溶接します。


タンク底板のカット

次にタンクの底板になる部分の製作です。1.2ミリのスチール版をタンクの底の形にカットしていきます。


タンク底板プレート

タンクの底板になるパーツが出来上がります。


底板溶接

出来上がった底板をタンクに仮付けして、溶接していきます。


トンネルのケガキ

溶接が終わると次にタンクの底板部分にフレームを逃げるためのトンネルを作ります画像のようにフレームが当たる部分にケガキ線を入れます。


底板のカット

先程のケガキ部分をカットします。


トンネル部分のバリ取り

この開口部分にUの字型に折り曲げたスチール版をはめ込むので切断面を滑らかになるようにサンダーでスムージングしていきます。