1.エムスタイルのカスタムスクーター特集

スカイウェイブ BLACKのラグジースタイル

スカイウェイブBLACK-Version スクーターは黒一色で統一するとなると、非常に渋く暗いイメージとなるのだが今回は違う。黒の中にメッキ(メタル)パーツをポイントポイントで押さえることにより、よりラグジーに仕上げてみた。

黒へのこだわりは、フロントフェイスやリヤスポイラーを取り付けることにより、車体をより大きく見せ、黒という収縮色を微塵も見せない仕掛けにし、インナーパネルも全て黒でペイント済み。

ハンドルポスト周りは、スイッチボックスをはじめグリップ・オーバルミラー・トップブリッジ・ブレーキのマスターシリンダーに至るまでメッキパーツを使用。また、パーキングブレーキもビレット製。

サイドビューではプーリーケースにもメッキパーツ。

リヤビューではマフラーを意識させたウィルズウィンのバズーカータイプエアクリ(パワーフィルター)と、おとなしめのデザインとなるサンム製のチタンIBマフラーを採用。クリアテールライト+クリアウィンカーにメッキバルブでよりブラックが映える仕掛けも。

オーディオ関係も抜かりは無く、シート内にウーファー、フロントグローブボックス部にポイントとなるホワイトカラーの12cmスピーカーをインストール。

「ブラックカスタム」とはこういうカスタムだ!と今後の新しい定番カスタムとなる事が想像出来るモデルとなった。


(2006.8.30掲載)

スカイウェイブ ALLブラック仕様 フロントビュー

フロント周りとエナメル調のタックロール加工シート


スカイウェイブ ALLブラック仕様 ハンドルポスト周り

ハンドルポスト周りは徹底的にメッキパーツで統一


スカイウェイブ ALLブラック仕様 シート下

シート下にはウーファーをインストール済み


スカイウェイブ ALLブラック仕様 リヤビュー

クリアテールライトにクリアウィンカー+メッキバルブで黒を強調


スカイウェイブ ALLブラック仕様 サイドビュー

ローダウンした車体とエナメル調のタックロール加工したシート・リヤスポイラーがよりロングにワイドに感じさせる